2018年4月4日水曜日

当たり前を言う

パリへ行く。引っ越しをする。バイクを買う。
仕事場のシステムが変わる。

全部、ポッと出て、アッという間に過ぎていった。
この数か月で身の回りの気のうねりを感じる。
小さい頃はそのうねりに飲み込まれることが怖くて
必死で抵抗していた。
高校3年生の時、初めてそのうねりに身を任せた。
恐怖もあったけど、それよりも
そこで生きていくのが辛すぎて、
踏ん張るのが限界だったのだと思う。
身を任せたというよりは、身を投げた感じであった。

それからもこういった気のうねりは
何度か体験することになったけど
そうやって身を任せることが自分をいい方向へ
流してくれることがわかってからは
自分からうねりに身を寄せるようになった。

それでもいい事ばかりではない。
変化に心が躍る反面、切なさも感じてしまう。

少し前まで横を走っていた隣人は、もういない。
たぶん今横に走っている隣人も、もうすぐいなくなる。
仕方のない事だとわかっていても、
毎度毎度切なく感じてしまう。

昔、姉が当時の彼と別れたときに
母が「出会いがあれば別れがあるさ!」
と言ったことを思い出した。
今思えば文字通りの意味で、特に慰めにもならない
当たり前を言った言葉だったけど
変に美しい言葉で飾らなかったその言葉に
「確かに」と妙に納得した記憶がある。

切ないものは切ないで、それはそれでいいのかもしれない。
当たり前に感じていいものを、
無理に綺麗にまとめようと思うから余計切なくなるのだ。

当たり前の言葉って良い。
文を書きながら解決したお話でした。

2018年3月20日火曜日

クロスバイクちゃん

I got new buddy!!! Yay!!😎
It’s a new model of Cross cub series by Honda.
I used to ride old one so I was surprised that motorcycle has advanced.lol
It’s high-technology!!💨

新しいバイクキター!!!!
2月にリリースされたばかりの最新型クロスカブ110🏍
大学時代カブ好きが周りに多かったけど、個人的にはその魅力がよくわからなくて「何が良いのかわからんなー」って言ってたんですが一目惚れして速攻買ってしまいました。笑
(これだから人は私をサイコパスと呼ぶのですね)
最近のバイクってハイテクなんやなぁ。あらゆる事が自動にやってくれるシステムでビックリしました。笑
エンジンの音とかクラッチ操作とかはキムちゃんの方が好きな感じですが、初めて乗った時の安定感とカブならではの積載量、燃費の良さ、省エネ等の内面の安心感がハンパないです。(バイク全然詳しくないから感覚的な感想やけど笑)
ここ数年はキムちゃんはいつ止まるかとヒヤヒヤしてたからなぁ。笑
ホンマに1台目はキムちゃんにして良かったし、2台目はクロスカブにして良かったです。
今の自分のライフスタイルにすごく合ってる気がする。早速今日45リットルゴミを乗せてアトリエと家を7往復しました。笑

ヨロコビを文にしたら長くなってしまった。
今年はクロスカブで金沢帰ろうかなー

キムちゃん

Good bye my buddy...
Finally I decided to release beloved motorcycle.🏍
I had ridden the motorcycle for 10years.
It was my first time big purchase!😎
Thank you for giving me many memories.


ついに10年乗った愛車のキムちゃんを手放しました。
ここ数年は荷物やら人を運ぶだけで遠出もしなかったし、メンテナンスは行きつけのバイク屋のお兄ちゃんに任せっきりのバッドライダーだったけど、中二病全開だった20歳の時は夜中に突然実家に帰りたくなって金沢へ続く道を走ったり、好きな子の家がある大阪まで走ったり、物思いにふけりながら鳥取まで走ったり、痛々しい黒歴史の最中にはいつも一緒にいました。(白目)
人生初の大きな買い物だったのもあったし、大学時代の思い出もたくさん詰まっていて思った以上に寂しいです。

そして明日は新しい相棒の納車日です(にやり)
晴れてくれー!

2018年1月16日火曜日

今年の目標

Happy new year!
We had a English lesson for the first time this year.
We talked about our new year’s resolution.

I’ll start training!Push-ups,Sit-ups, and back-extensions...xD

あけましておめでとうございます。
今日は今年初の英語のレッスンでした。
着物好きの先生と、ほかの生徒さんたち
(なぜかみんな自前の着物を持っている)と
みんなで英語カルタ大会で白熱したり、
ヒョウとチーターの違いの話で盛り上がったり、
今年の抱負を発表したり、
相変わらずユルく楽しいレッスンでした。
僕の今年の目標は腕立て腹筋背筋をして身体をモリモリにする事です。
働き盛りの30歳とは思えないほどノンビリ趣味に興じていますが、今年もいろんなスキルを上げていろんな場所へ行こうと思います。
今年は次のステップへ向かう大きな年になりそうです。
今年もよろしくお願いたします。

2018年1月7日日曜日

パリ個展写真

I uploaded pictures that my solo exhibition.
去年の12/10と12/15に開催した
パリでの個展の写真をアップしました。

2017年12月31日日曜日

お餅つき

【Mochi pounding】
I enjoyed Mochi pounding with my friend’s family.
I have to train my body more....

毎年恒例になりつつある、友人家族と親戚に混じってのお餅つき。
去年はヒョロヒョロすぎて、餅をつかずに餅丸め隊+子供と妖怪ウォッチの話をする戦力外選手でしたが、今年は元柔道選手やら現役中学生やらに混じって餅をついてきました。
やはりトップ・オブ・ヘナチョコでした。
来年は体幹を鍛えてバシバシつくぞ。

どうして餅をつくとみんな笑顔になるのでしょうね。
餅をつく人も、見てる人も、ホンマにいい笑顔。お餅つきって不思議!
みなさま良いお年を。

2017年12月28日木曜日

京都食べる通信1年

It has been just 1 year since I was in charge drawing front cover of Kyoto food journal.
The chief editor and me was hold end of year party. We also tasted the egg that is next motif of the magazine:)


京都食べる通信の編集長と、忘年会 兼 次号のモチーフ「たまご」を食す会でした。
編集長の家の醤油は、100年継ぎ足し続けている秘伝のタレかな?とも思える趣のあるボトルでした。笑
京都食べる通信の表紙を担当して1年。
ズラッと並べてみると感慨深いです。
いつも編集長や、食べる通信に取り上げられている農家さんの話を聞くと「良いものとは何か」と自問自答して創り上げる作業は本当に地道で、エネルギーのいる事だと感じます。
地味なものにはなかなかスポットライトが当たらない世の中ですが、着実に周りに伝わっていると信じながら来年もジワジワいきましょう、編集長!

2017年12月25日月曜日

脱線超特急(仮)

12月4日から18日の2週間、個展のためパリに行っていました。
写真やルポ日記、描きたい人との出会いや書きたいストーリーがありすぎて全然進んでおりません。
鉄は熱いうちに打つのが好きなので、冷めやまぬうちにやりたいという衝動と、
どれから手を付けたらよいのやらという焦燥感でいっぱいの毎日を送っています。
それで、ひとまずはこの心に浮かぶ文章を書くところからやることにしました。

2年ほど前、このブログを開設すると決めたとき、自分の事をよく知ってくれているパートナーに
どのようなブログにしたら読んでいて楽しいか、相談しました。

パートナー曰く、私の日ごろ話すことや文章は「説明が長く、中学生が書くポエム的要素があり少々寒い」とのこと。笑
それはさぞかし面白くないだろうなと思い、このブログでは日常で起こった楽しい話の上澄みをマンガにしてゆるくやっていこうと考えました。
しかし、ネタというものは本当にたくさん日常に落ちていて、あれも描こうこれも描こうとメモが残っていくだけで自由時間に描くことが追い付かなくなっていき、熱かった鉄は冷めていきお蔵入りになってしまうのでした。

この数年間私は表現したい事を入れる「容器」を作る努力をしました。まわりの友人からは、得意分野なのだと思われているようですが、わりと嫌々、無理やりでした。笑
私は「やりたくない事はやらない主義・やるべき事はできるだけ楽しくやりたい主義」なので、楽しそうに見えているなら何よりですが。笑

学生時代に毛嫌いして作らなかったウェブサイトや、SNS、ブログなどを始めて、
どうせ始めるならコンセプトをしっかり持ってやりたいと、各々の役回りを決めてスタートさせたのは良かったのですが、全部を同時進行するのは本当に大変です。

というわけで、先に述べたコンセプトで始めたこのブログですが、私の「説明が長く、中学生が書くポエム的要素があり少々寒い」のもOKな柔軟な容器にシフトチェンジしようと思います。
そういう恥ずかしい自分も認めていかなければいけないので。笑

パリの話をしようと思ったのに、脱線して書けませんでしたが
パリに行ってから体や脳みその変なチカラが抜けて、どこへでも飛べそうな気がしています。
その結果の一つとして、このブログのコンセプトの路線変更があります。
ブログのメインタイトル「脱線超特急」とかに変えようかな。(また寒い目で見られる)


私はたまたま、アーティストとして絵を描くという生き方をしていますが、人は誰もが表現者だと常日頃思っています。
人に言葉や手紙で想いを伝えることも、SNSで写真を投稿するのも、「自分」を表現したいからだと思っています。
普段意識していないだけで、表現することは人が生きていく上で大切な役割があるし、
表現したことによって周りの「気」が動いて良い方向へ連れて行ってもらえるので、表現を続けている限り私はどこへでも行けると思えます。